2014年12月15日月曜日

秋月電子で売っている「RN−42使用 Bluetooth無線モジュール評価キット」でシリアルポートを無線化してみた

マイコンとかのプログラム開発をするときに、PCとマイコンボードをだいたいUSBシリアル変換器でつなぎます。
この部分にケーブルがあるととても作業しづらいので、秋月電子で売っている「RN−42使用 Bluetooth無線モジュール評価キット」でシリアルポートを無線化してみました。

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-07378/

といってもこのキットを買ってきて、最初の一回だけ評価モジュールの初期設定を行うだけです。
この評価モジュールとPCとをUSBケーブルでつないで、TeraTermなどからBluetoothの認証モードの設定を変更します。
シリアルから「$$$」と入力して設定モードに移行して、その次にコマンド「sa,2」を入力して認証モードを簡単認証モードに変更。
これだけでPCとマイコンが無線でシリアル通信ができます。
シリアルの信号線は評価モジュールのJ2コネクタの6番ピンと7番品に出ます。
あとはこのピンとグランドをマイコンのシリアルピンとグランドにつなぐだけ。

超簡単なんですが、いまのところ、Bluetoothのシリアルポートプロファイルにデフォルトで対応しているOSがWindows8.1以降とMacOSXしかないので、Windows7ユーザの人は接続できなくてはまります。

あと注意点としてはネットで評価モジュールのCTSとRTSを繋いだ方が良いと書いてあります。僕も以下のように改良してCTSとRTSをとりあえずつないでみました。





僕はこの試験をするためだけにWindows8.1を入れました。
一番高かったのがWindows8.1のライセンス料とは。。。


0 件のコメント:

コメントを投稿